青春アドベンチャー評論

NHK-FMラジオで放送中のラジオドラマ番組 青春アドベンチャーの作品レビュー。リンクフリーです。

■七帝 柔道記

放送:2016年5月30日(月)~6月10日(金)
作品紹介:
高校で柔道部に所属し、普通の柔道を学んできた松田だが、ある時、七帝柔道という独自の柔道に出会う。その柔道に魅せられた松田は、七帝柔道を学ぶため北大へと進学する。そこには、一癖も二癖もあるある同級生や先輩達がいた。柔道をめぐる熱血格闘技青春ドラマの幕が上がる。

大学の柔道部を舞台にした格闘技青春ドラマ。体育会系バリバリののりで、平成の時代ではなく、昭和の時代っぽい感じである。試合の描写がよくできており、手に汗握る展開を楽しめる。そんなばかなことがあるかという場面もあるが…まぁ、愛すべき若者(バカ者)達の物語って感じのすがすがしい青春コメディ作品である。

PageTop

■リテイクシックスティーン

放送:8月26日(月)~9月13日(金)
作品紹介:
高校生の沙織は、ある日、クラスメイトの孝子から自分は未来から来たと告げられる。その時から彼女は、この孝子に振り回されることになるのだが…。一度きりの青春時代を精一杯生き始めた沙織の青春ドラマ。

導入部分はアグリーガールのような感じの痛快さを感じ、その系の物語かと思いきや…。タイムトラベラーだと主張する孝子だが、主人公は彼女の友人の沙織。彼女の振る舞いに振り回される主人公という流れで物語は進む。一度大人を経験した割には、幼すぎる孝子の言動には、共感できるものはない。これが、思春期特有の感覚なのだろうか。そんな作品である。

PageTop

■昨日の海は

放送:2016年1月11日(月)~1月22日(金)
作品紹介:
四国にある海辺の町、磯ノ森に住む高校生の光介。彼の家に突然東京から25年ぶりに伯母が娘を連れて戻ってくる。その伯母よりもたらされたおじいさん、おばあさん、そして母親の秘密。その秘密の謎を解くため光介は動き始める。

海が近くの田舎町が舞台。過去その町で起きたある事件をめぐり物語は進む。次第に見え隠れしはじめる秘密(謎)をなんともおっとりとした主人公が、ゆっくり、ゆっくりと明らかにしていく。光介と共に物語のキーとなる人物に会い、キーとなる場所に行く。そして、核心へと近づいていく、そんな思いにさせてくれる。ラストでは、彼と何かひとつの真実を共有したかのような気持ちにさせてくれる、そんな作品である。

PageTop

■髑髏(どくろ)城の花嫁

放送:2016年5月16日(月)~5月27日(金)
作品紹介:
『月蝕島の魔物』に続くシリーズ第2弾。大手貸本店に勤めるニーダムの元へある人物より仕事の依頼が舞い込む。その人物とは、フェアファクス伯爵。その昔、ニーダムがクリミア戦争中に、ダニューヴ河畔にある髑髏城へと送り届けた瀕死の青年だった。

続編作品だが、前作を聞く必要は特にない。前作同様に視聴者の興味をそそる導入部分の演出がうまい作品である。相変わらずのニーダムと可愛らしいメープルの活躍が今回も楽しめる。前作は、終盤にとってつけたような怪物の登場だったが、今回は、出し惜しみなく前半から随所にモンスターが現れる。個性豊かなモンスター達の登場に物語も盛り上がる。次回作にも期待したい作品である。

PageTop

クラバート

放送:2016年3月14日(月)~~4月1日(金)
作品紹介:
ドイツに伝わる古典ファンタジー作品。14歳の少年クラバートは、不思議な声に導かれて不思議な水車場にたどり着く。その水車場で職人見習いとして働きだすのだが、そこにはある秘密があった。

ニコルの塔に似た雰囲気を感じる作品。ミステリー作品は続きが気になり、引き込まれやすい。この作品も15回と長めだか、次回が気になり、あっという間といった感じだ。魔法に友情に恋、そして謎。ファンタジー作品の王道をいく安心して聴ける作品。

PageTop