青春アドベンチャー評論

NHK-FMラジオで放送中のラジオドラマ番組 青春アドベンチャーの作品レビュー。リンクフリーです。

南の島のティオ

放送:2004年7月19日~7月30日
作品紹介:ティオ(14歳)が暮らす珊瑚礁に囲まれた自然豊かな島では、今も精霊が生きづいている。その島でのティオの日常は、不思議なことばかり。『絵はがき屋さん』『昔天を支えた木』『エミリオの出発』など、短編10話構成。

1話目の『絵はがき屋さん』で、この島の人々のほほえましい雰囲気に引き込まれてしまった。精霊への敬意、隣人への思いやり、自然への感謝と畏怖、現代人がなくしてしまった多くの想いがつまった作品である。どの話も印象深く心に残る。1ヶ月ぐらいこの島で暮らしてみたいと思わせるそんな作品である。




PageTop