青春アドベンチャー評論

NHK-FMラジオで放送中のラジオドラマ番組 青春アドベンチャーの作品レビュー。リンクフリーです。

翼はいつまでも

放送:2006年4月24日~5月5日
作品紹介:野球部員の神山久志は、補欠の玉拾い。いまいち自分の殻を破れない彼だが、ある日、ラジオから流れるビートルズの「プリーズ・プリーズ・ミー」を聞いた。その瞬間から彼のすべては変わった。ビートルズの曲に導かれ久志の青春グラフティーが始まる。

ビートルズサウンドが非常に心地よい作品。理不尽な大人達の価値観に対する反発、自分達の価値観を大切にしたいと訴える若者の気持ちが、痛烈に心に響く。私も若いころ大人に対して、持っていた感情を忘れ、いつしか大人側の事情の中で生きていることに気づかされた。聞く年代によって、印象が変わる作品ではあるが、私の心には、かなり響いた作品である。




PageTop