青春アドベンチャー評論

NHK-FMラジオで放送中のラジオドラマ番組 青春アドベンチャーの作品レビュー。リンクフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

トリガー

放送:2001年12月3日~12月14日
作品紹介:西暦2088年人類が移住先を求めて宇宙に出て50年。その間に原因不明の疫病に襲われた地球は、死の星と化した。生き残った1万人あまりの人類は、ある惑星の地下に潜り生きている。そこは、火星と呼ばれる惑星だった。

序盤から様々な謎が投げかけられ思わず物語の世界に引き込まれてしまう。謎の牽引役のケンと主人公ケイとのずれた会話がおもしろい。科学技術の発展への警鐘も含まれており、ラストには、あっと驚く展開も準備され、最後まで楽しめる作品である。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。