青春アドベンチャー評論

NHK-FMラジオで放送中のラジオドラマ番組 青春アドベンチャーの作品レビュー。リンクフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

仮想の騎士

放送:2003年2月3日~2月14日
作品紹介:18世紀のヨーロッパを舞台に美貌の騎士デオン・ド・ボーモンの活躍を描いたファンタジー作品。諸侯令嬢・クリスティーヌとの結婚を認めてもらうため立身出世を目指すデオンは、パリ・ロシアをまたにかけ活躍するが・・・。

関西弁のカサノヴァが進行役として、物語を進める。ヨーロッパに関西弁とは最初は、違和感を感じるが次第になじんでくるから不思議。カサノヴァ、ルイ15世、サン・ジェルマン伯爵、女帝エリザベータなど個性豊かなメンバーが登場するが、うまく話がまとまっている。おちゃらけたカサノヴァと真面目なデオンのやりとりもこの作品の楽しみの一つと言える。くすくすと笑えるよい作品である。




PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。