青春アドベンチャー評論

NHK-FMラジオで放送中のラジオドラマ番組 青春アドベンチャーの作品レビュー。リンクフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ヘウレーカ

放送:2013年4月29日(月)~5月3日
作品紹介:漫画「寄生獣」で人気を博した岩明均の漫画「ヘウレーカ」のオーディオドラマ化。紀元前三世紀、地中海でおきた商業国家カルタゴと軍事国家ローマとの戦争。この大国同士の争いの狭間で、小国シラクサは存亡の危機に瀕していた。シラクサを舞台にスパルタ人ダミッポスや天才学者アルキメデスの活躍を描いた作品。

地中海沿岸の当時の様子が目に浮かぶようで、ローマ時代にトリップさせてくれる作品。主人公のダミッポスの主人公らしからぬ言動は、好みの分かれるところであろう。クラウディアとの結末もあまりにも…といった感じである。国家とは、個人とは、愛とは何かを問いているのだろうが、どうしても軽い印象を拭えない。そんな作品である。



PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。