青春アドベンチャー評論

NHK-FMラジオで放送中のラジオドラマ番組 青春アドベンチャーの作品レビュー。リンクフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

人喰い大熊と 火縄銃の少女

放送:2015年7月13日~7月24日
北の開拓地にて起きた悲劇。開拓村が巨大な熊に襲われた。狂暴かつ頭のいいこの熊に襲われた村の生き残り15歳の凛は、火縄銃をかかえ叫んだ「あの熊を撃ち殺して」。山狩りに出た警官隊ですら、全滅状態。
彼女の声にこたえた四人の男たちと巨大熊との熾烈を極める過酷な戦いが今始まる。


スリリングに展開する人食い大熊との追走劇が楽しめる作品。熊の恐怖もリアルに伝わってくる。
流れ者「五平」、村の嫌われ者「源三」、森の民の青年「ワシリ」、元侍の警官「高岡」、そして凛。個性豊かなメンバー達がそれぞれの思いと武器を手に熊と対峙する姿もいい。躍動する各メンバーの活躍が見事に描かれている。終盤、胸熱の展開もあり。ラストのエピローグも心に響く(ちょっと、展開に無理があるが…)。最後の最後まで、十分に楽しめる作品である。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。