青春アドベンチャー評論

NHK-FMラジオで放送中のラジオドラマ番組 青春アドベンチャーの作品レビュー。リンクフリーです。

渚にて

放送:2006年6月5日~6月16日
作品紹介:夏休みの中高生クルージング・スクールに参加した冬馬(とうま)だが、船が南太平洋で暴風雨に遭い沈没してしまう。何とか無人島に流れ着いた冬馬を含む男女7名のサバイバル生活が始まる。

ありがちな設定ではあるが、7名のキャラづけがしっかりしており、聞き応えがある。日々、様々な問題が発生するが、知恵と努力、チームワークで乗り越えていく。愛や友情など、中高生のみずみずしい感情が上手く表現されている。それぞれの成長、気持ちの変化を丁寧に追った作品だが、最終回では、いろんな事柄がとうとつに起き過ぎて、物語として消化しきれていない。そんな作品である。

PageTop