青春アドベンチャー評論

NHK-FMラジオで放送中のラジオドラマ番組 青春アドベンチャーの作品レビュー。リンクフリーです。

金春屋ゴメス

放送:2008年6月23日~7月4日
作品紹介:21世紀、場所は江戸国。日本から独立し、鎖国を続けるこの国に移住権を得た辰次郎(たつじろう)は、身請け人の金春屋(こんぱるや)ゴメスにお世話になることに。15年前、江戸国内で発生した鬼赤痢(おにせきり)が、再び発生する。鬼赤痢の謎を追う辰次郎の活躍を描いたファンタジー・ミステリー作品。

日本から独立した国「江戸国」という設定は、面白い。その国での生活様式やエピソートが、個性豊かな登場人物によって、魅力的に展開していく。ミステリー要素もあり、最後まで楽しませてくれる。最後に語られる「なぜ、江戸国は独立できたのか」、これこそが、この物語のテーマであり、今後、我々が考えなければならない問題と言える。




PageTop