青春アドベンチャー評論

NHK-FMラジオで放送中のラジオドラマ番組 青春アドベンチャーの作品レビュー。リンクフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ベルリンの秋

放送:2006年10月2日~11月20日
作品紹介:「プラハの春」の続編。1973年、東ドイツ日本大使館勤務を命じられた堀江は、東ドイツを訪れる。そこでカテリーナの娘、シルビアと再会する。再び、堀江とシルビアは、東西冷戦下の東ドイツで、激動の歴史に翻弄されることになる。

東西冷戦下の東ドイツの様子やベルリンの壁崩壊の流れを知ることができる作品。前作から比べるとパワーダウンしている感はあるが、恋愛や陰謀など前作の流れをきちんと受け継いでいる。激動の歴史に翻弄された男女の物語が、見事に描かれている作品である。




PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。