青春アドベンチャー評論

NHK-FMラジオで放送中のラジオドラマ番組 青春アドベンチャーの作品レビュー。リンクフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

海辺の王国

放送:2003年7月7日~7月18日
作品紹介:ナチスドイツの空爆により、両親と妹を失くした少年が、旅に出る物語。彼の旅路は、少年の彼にとっては、過酷なものになっていく。安住の地を探し始めた彼に、平穏な日々は、訪れるのか…。

なんとも重さを感じる作品である。それは、彼が出会った大人達への嫌悪感からくるものである。そんな中でも、健気に自分の居場所を探す彼の強さ・前向きさが、この物語の見所である。ラストまでその構成を貫いた作品だが、若干の後味の悪さを感じてしまう。




PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。